圧倒的な合格実績

2021年度公務員講座生
最終合格者累計5,554名!
公務員試験ならTAC!

合格カリキュラム

TAC自慢のカリキュラムが受講生を公務員試験最終合格へと導きます。

合格教材

TACの教材があれば、他の教材は不要!過去問を徹底研究した自信の教材です。

採用を勝ち取る!面接対策 通学メディア本科生Webフォロー標準装備 
学習環境に応じて選べる受講メディア 論文/専門記述対策

講座の特徴

「大卒レベル試験」に強いTAC!2.3人に1人がTAC・Wセミナー生!本気で大卒程度の公務員試験で最終合格を勝ち取りたいなら、迷わずTACです!2021年度公務員講座生 最終合格者累計5,554名!※1、2

※1 公務員講座生とは公務員試験対策講座において、目標年度に合格するために必要と考えられる、講義、演習、論文対策、面接対策等をパッケージ化したカリキュラムの受講生です。単科講座や公開模試のみの受講生は含まれておりません。
※2 同一の方が複数の試験種に合格している場合は、それぞれの試験種に最終合格者としてカウントしています。(実合格者数は2,903名です。)
※ 2021年10月31日時点で、調査にご協力いただいた方の人数です。

合格実績と合格者の声はちら!

TACには、公務員試験合格に必要な筆記試験対策から人物試験対策までオールインワンの「合格カリキュラム」があります。そして、全国のTAC生から集まる圧倒的な情報量に基づいた面接対策を行うことができるため、毎年多数の最終合格者を輩出しています。水戸校では国家資格を持つ経験豊富なキャリアコンサルタントが面接指導をしています。
合格実績・スクール規模ともにTACなら安心!公務員を目指すなら、やっぱりTACです!

これから公務員試験を検討するという方には、オリジナルレジュメ「ゼロから教えて!公務員レジュメ」のダウンロードをオススメします。

ALL IN ONE!「合格カリキュラム」

TACの本科生コースのカリキュラムには、各科目の講義はもちろん演習・回数無制限の答案添削&模擬面接、そして教材費や各種フォロー制度が全て含まれているから安心!これまで多くの合格者を生み出してきたムリ・ムダの無いカリキュラムが受講生を公務員試験最終合格へと導きます。

これだけやれば大丈夫!「合格教材」

過去問が繰り返し出題される公務員試験の筆記試験において合否をわけるポイント、それは過去問が解ける力を身につけることです。TACには、過去問を徹底研究して作られたINPUT教材とOUTPUT教材があります。他の教材に手を出す必要は、一切ありません。これらを講師が言う通りに正しく使いこなせば、自ずと合格レベルが見えてきます。

採用を勝ち取る!「面接対策」

人物試験の合否を分けるポイントは、志望先の自治体や官公庁の質問内容や傾向に合わせた的を射た対策ができたかどうかです。TACには、全国のTAC生から寄せられた大量の情報、そして豊富な実践練習・個別指導の場など、面接対策に必要なツールが全てあります。水戸校では国家資格を持つ経験豊富なキャリアコンサルタントが面接指導をいたします。これらをフル活用して最終合格を勝ち取ってください。

合格答案が書ける!「論文/専門記述対策」

ほぼ全ての公務員試験で実施される論文試験&東京都や国家専門職で実施される専門記述試験対策もTACなら安心!合格答案を書くために必要な知識やテクニックをレクチャーする講義と本科生は回数無制限の答案添削指導で、合格答案作成力を着実に養成します!

各科目のプロフェッショナル!「優秀な講師陣」

水戸校ではビデオブース通学講座、通信講座を提供しています。講義を収録している講師はTAC選りすぐりの講師陣。これまで多くの公務員試験合格者を生み出してきたTAC講師陣の講義を受講すれば、出身学部やこれまでの学習経験は関係ありません!どなたでも公務員試験合格を目指すことができます。

試験の概要

公務員試験は他の試験や資格に比べて分かりにくい点があります。公務員について、「どうやったらなれるの?」、「どんな仕事があるの?」か詳しく知りたいという方には、オリジナルレジュメ「ゼロから教えて!公務員レジュメ」のダウンロードをオススメします。また、YouTubeでためになる動画を多数用意しています。

コースガイド

思い立ったら学習開始!学習開始時期や志望先に合わせて最適なコースが選択できます!

2022年合格目標

(大学4年生・既卒者・社会人向け)

速修本科生Plus

選択講義Plusで地方上級・市役所・国家一般職などを幅広く目指せる短期学習用スペシャルコース!

このコースの特徴
  • 専門科目は最重要科目に絞り、3~5ヶ月の学習期間で一気に合格レベルに到達できる。
  • 地方上級・市役所上級・国家一般職(大卒)など、多くの公務員試験に幅広く対応できる!
  • 論文・専門記述対策や面接対策も含めた、総合的な受験対策が可能!
目指せる試験種(行政事務職)

【地方公務員】
地方上級(県・政令指定都市)、市役所上級、東京都I類B、特別区I類(東京23区)

【国家公務員・他】
国家一般職(大卒)、財務専門官、裁判所一般職(大卒) *経済理論選択の場合、参議院事務局総合職、国立大学法人等

カリキュラム
受講料
速修本科生Plus
学習メディア 通常受講料(教材費・10%税込)
論点集中講義付 論点集中講義なし
教室講座+Web講座
※1
300,000円 270,000円
Web通信講座
※2
290,000円 260,000円
※1 水戸通学の場合、ビデオブース講座とWeb講座のみになります。
※2 Web通信講座を水戸校で受講相談、お申し込みいただくと5%割引券をプレゼントいたします。(他の割引は併用不可)

速修本科生

地方上級・市役所・国家一般職など幅広く併願できる!専門科目対策付き(基本演習あり)短期学習用スタンダードコース!

このコースの特徴
  • 「速修本科生」のカリキュラムに「行政学・社会学・経営学」を加え、得点力アップが可能!3~5ヶ月の学習期間で一気に合格レベルに到達できる。
  • 専門科目は重要科目+行政学・社会学・経営学を学ぶことで、より幅広い併願受験が可能になる!
  • 論文・専門記述対策や面接対策も含めた、総合的な受験対策が可能!
目指せる試験種(行政事務職)

【地方公務員】
地方上級(県・政令指定都市)、市役所上級、東京都I類B、特別区I類(東京23区)

【国家公務員・他】
国家一般職(大卒)、財務専門官、裁判所一般職(大卒) *経済理論選択の場合、参議院事務局総合職、国立大学法人等

カリキュラム
受講料
速修本科生
学習メディア 通常受講料(教材費・10%税込)
論点集中講義付 論点集中講義なし
教室講座+Web講座
※1
280,000円 250,000円
Web通信講座
※2
270,000円 240,000円
※1 水戸通学の場合、ビデオブース講座とWeb講座のみになります。
※2 Web通信講座を水戸校で受講相談、お申し込みいただくと5%割引券をプレゼントいたします。(他の割引は併用不可)

速修本科生【教養タイプ】

専門試験なしの公務員試験受験のための短期学習用コース!資格職を目指す方の教養試験対策にも!

このコースの特徴
  • 専門科目が出題されない教養型の公務員試験に特化したカリキュラム。
  • 独学では膨大な時間がかかる一般知識分野について、ポイントを絞って効率的に学習できる。
  • 論文・専門記述対策や面接対策も含めた、総合的な受験対策が可能!
目指せる試験種(行政事務職)

【地方公務員】
市役所上級(教養型)

【国家公務員・他】
国立大学法人等

カリキュラム
受講料
速修本科生【教養タイプ】
学習メディア 通常受講料(教材費・10%税込)
論点集中講義付 論点集中講義なし

教室講座+Web講座
※1

195,000円 190,000円
Web通信講座
※2
190,000円 185,000円
※1 水戸通学の場合、ビデオブース講座とWeb講座のみになります。
※2 Web通信講座を水戸校で受講相談、お申し込みいただくと5%割引券をプレゼントいたします。(他の割引は併用不可)

2023年合格目標

大学新3・4年生・既卒者・社会人向け)

先取り学習付 総合本科生【2022年2月28日までの限定販売】

地方上級・市役所・国家一般職などを幅広く目指せる!冬から始めてより確実に合格が目指せる「先取り講義」付コース!

このコースの特徴
  • 重要科目かつ苦手な受験生も多い科目を先取り学習することで、知識の定着をしっかり行える!
  • 筆記試験対策から面接試験対策まで、公務員試験合格に必要な対策が全て含まれたオールインワンコース!
  • Web講義の倍速機能を利用して、効率的に学習できる!
  • スケジュールにゆとりがあるので、大学・アルバイト・サークルなどとも両立できる!
  • 地方上級や国家一般職など、多くの方が受験する試験に幅広く対応できる!
  • 最重要科目を先に対策することにより、他の科目へ費やせる時間が増える!
目指せる試験種(行政事務職)

【地方公務員】
地方上級(県・政令指定都市)、市役所上級、東京都I類B、特別区I類(東京23区)

【国家公務員・他】
国家一般職(大卒)、財務専門官、裁判所一般職(大卒) *経済理論選択の場合、参議院事務局総合職、国立大学法人等

カリキュラム
受講料
先取り学習付 総合本科生【2022年2月28日までの限定販売】
学習メディア 通常受講料(教材費・10%税込)
教室講座+Web講座
※1
330,000円
Web通信講座
※2
330,000円
※1 水戸通学の場合、ビデオブース講座とWeb講座のみになります。
※2 Web通信講座を水戸校で受講相談、お申し込みいただくと5%割引券をプレゼントいたします。(他の割引は併用不可)

速修Plus付総合本科生<1年目専門あり>
速修【教養タイプ】付総合本科生<1年目専門なし>

重要科目の先行学習で合格を確実に!1年目の合格も狙えるスペシャルコース!

このコースの特徴
  • 1年目は基礎固め+チャレンジ!学習ボリューム・受験先に応じてコースを選択!
  • 2年目は復習+得点力UP!人気の「総合本科生」で併願対策も万全!
  • 1回目も2回目も、筆記試験から人物試験も含めた総合的な受験対策が可能。
目指せる試験種(行政事務職)

2023年合格目標 速修付総合本科生 共通

【地方公務員】
地方上級(県・政令指定都市)、市役所上級、東京都I類B、特別区I類(東京23区)

【国家公務員・他】
国家一般職(大卒)、財務専門官、裁判所一般職(大卒) *経済理論選択の場合、参議院事務局総合職、国立大学法人等

2023年合格目標 速修【教養タイプ】付総合本科生

【地方公務員・他】
市役所上級(教養型)、国立大学法人等

カリキュラム
受講料
速修Plus付総合本科生<1年目専門あり>
速修【教養タイプ】付総合本科生<1年目専門なし>
学習メディア 通常受講料(教材費・10%税込)
速修Plus付 総合本科生<1年目専門科目あり> 速修【教養タイプ】付 総合本科生<1年目専門なし>
教室講座+Web講座
※1
430,000円 380,000円

Web通信講座
※2

430,000円 380,000円
※1 水戸通学の場合、ビデオブース講座とWeb講座のみになります。
※2 Web通信講座を水戸校で受講相談、お申し込みいただくと5%割引券をプレゼントいたします。(他の割引は併用不可)

総合本科生

地方上級・市役所・国家一般職などを幅広く目指せる人気のスタンダードコース

このコースの特徴
  • 地方上級や国家一般職(大卒)など、多くの方が受験する試験に幅広く対応できる。
  • 教養19科目、専門14科目の中から、志望先に合わせて自由に受講ができる。
  • 論文・専門記述対策や面接対策も含めた、総合的な受験対策が可能!
  • 専門職(国税専門官、裁判所一般職、労働基準監督官A)も幅広く併願したい方には、オプション講座をご用意!
  • 本科生だけのお得な特典とフォロー制度が受験生活を強力にバックアップ!
目指せる試験種(行政事務職)

【地方公務員】
地方上級(県・政令指定都市)、市役所上級、東京都I類B、特別区I類(東京23区)

【国家公務員・他】
国家一般職(大卒)、財務専門官、裁判所一般職(大卒) *経済理論選択の場合、参議院事務局総合職、国立大学法人等

カリキュラム
受講料
総合本科生
学習メディア 通常受講料(教材費・10%税込)
ビデオブース講座+Web講座 341,000円春割キャンペーン330,000円
Web通信講座 352,000円春割キャンペーン341,000円
Web通信講座を水戸校で受講相談、お申し込みいただくと5%割引券をプレゼントいたします。(他の割引は併用不可)

トリプル本科生

地方上級・市役所・国家一般職などに加え国税専門官も目指せるスペシャルコース

このコースの特徴
  • 地方上級や国家一般職(大卒)に加え、商法と会計学が必須の国税専門官にも対応できる。
  • 教養19科目、専門16科目の中から、志望先に合わせて自由に受講ができる。
  • 論文・専門記述対策や面接対策も含めた、総合的な受験対策が可能。
  • 専門職(裁判所一般職、労働基準監督官A)も幅広く併願したい方には、オプション講座をご用意!
  • 本科生だけのお得な特典とフォロー制度が受験生活を強力にバックアップ!
目指せる試験種(行政事務職)

【地方公務員】
地方上級(県・政令指定都市)、市役所上級、東京都I類B、特別区I類(東京23区)

【国家公務員・他】
国家一般職(大卒)、国税専門官、財務専門官、裁判所一般職(裁判所事務官/大卒 *経済理論を選択する場合)、衆議院事務局一般職(大卒)、参議院事務局総合職、国立大学法人等

カリキュラム
受講料
トリプル本科生
学習メディア 通常受講料(教材費・10%税込)
ビデオブース講座+Web講座 374,000円春割キャンペーン363,000円
Web通信講座 385,000円春割キャンペーン374,000円
Web通信講座を水戸校で受講相談、お申し込みいただくと5%割引券をプレゼントいたします。(他の割引は併用不可)

教養本科生

専門試験なしで受験できる市役所や国立大学法人等を目指す方向けのコース

このコースの特徴
  • 専門科目が出題されない教養型の試験(市役所・国立大学法人等)に特化したカリキュラム。
  • 独学では膨大な時間がかかる一般知識分野について、ポイントを絞って効率的に学習できる。
  • 論文・専門記述対策や面接対策も含めた、総合的な受験対策が可能。
  • 資格免許職(福祉職・心理職等) の教養択一試験対策としても活用OK。
  • 本科生だけのお得な特典とフォロー制度が受験生活を強力にバックアップ!
目指せる試験種(行政事務職)

【地方公務員】
市役所上級(教養型)

【国家公務員・他】
国立大学法人等

カリキュラム
受講料
教養本科生
学習メディア 通常受講料(教材費・10%税込)
ビデオブース講座+Web講座 198,000円
Web通信講座 209,000円
Web通信講座を水戸校で受講相談、お申し込みいただくと5%割引券をプレゼントいたします。(他の割引は併用不可)

2024年合格目標

大学2年生・既卒者・社会人向け)

2年総合本科生/2年総合本科生Plus

地方上級・市役所・国家一般職などを幅広く目指せる大学2年生用スタンダードコース

このコースの特徴
  • 筆記試験対策から面接試験対策まで、公務員試験合格に必要な対策が全て含まれたオールインワンコース!
  • スケジュールにゆとりがあるので、大学・アルバイト・サークルなどとも両立できる!
  • 地方上級や国家一般職など、多くの方が受験する試験に幅広く対応できる!
  • 1年目は2023年合格目標コースの講義を受講、2年目は2024年合格目標コースの講義を受講
  • 本科生だけのお得な特典とフォロー制度が受験生活を強力にバックアップ!
目指せる試験種(行政事務職)

【地方公務員】
地方上級(県・政令指定都市)、市役所上級、東京都I類B、特別区I類(東京23区)

【国家公務員・他】
国家一般職(大卒)、財務専門官、裁判所一般職(大卒) *経済理論選択の場合、参議院事務局総合職、国立大学法人等

カリキュラム
受講料
2年総合本科生/2年総合本科生Plus
学習メディア

通常受講料(教材費・10%税込)
2年総合本科生 2年総合本科生Plus
教室講座+Web講座
※1
473,000円 528,000円
Web通信講座
※2
473,000円
528,000円
※1 水戸通学の場合、ビデオブース講座とWeb講座のみになります。
※2 Web通信講座を水戸校で受講相談、お申し込みいただくと5%割引券をプレゼントいたします。(他の割引は併用不可)

2年トリプル本科生/2年トリプル本科生Plus

重要科目の先行地方上級・市役所・国家一般職などに加え国税専門官も目指せる!2年生の春・夏からより確実に合格が目指せるスペシャルコース

このコースの特徴
  • 地方上級や国家一般職などに加え、国税専門官も目指せる!多くの受験生が受験する試験に幅広く対応
  • 筆記試験対策から面接試験対策まで、公務員試験合格に必要な対策が全て含まれたオールインワンコース!
  • スケジュールにゆとりがあるので、大学・アルバイト・サークルなどとも両立できる!
  • 1年目は2023年合格目標コースの講義を受講、2年目は2024年合格目標コースの講義を受講
  • 本科生だけのお得な特典とフォロー制度が受験生活を強力にバックアップ!2年目は復習+得点力UP!人気の「総合本科生」で併願対策も万全!
目指せる試験種(行政事務職)

【地方公務員】
地方上級(県・政令指定都市)、市役所上級、東京都I類B、特別区I類(東京23区)

【国家公務員・他】
国家一般職(大卒)、財務専門官、裁判所一般職(大卒) *経済理論選択の場合、参議院事務局総合職、国立大学法人等

◇2年トリプル本科生(Plus)で更に「国税専門官」を目指せる!

カリキュラム
受講料
2年トリプル本科生/2年トリプル本科生Plus
学習メディア

通常受講料(教材費・10%税込)
2年トリプル本科生 2年トリプル本科生Plus
教室講座+Web講座※1 506,000円 561,000円
Web通信講座
※2
506,000円 561,000円

※1 水戸通学の場合、ビデオブース講座とWeb講座のみになります。
※2 Web通信講座を水戸校で受講相談、お申し込みいただくと5%割引券をプレゼントいたします。(他の割引は併用不可)

学習メディア・

学習フォロー

通学・通信どちらでも学習しやすいように学習フォローをしっかりと整えています。

ビデオブース講座

教室でのライブ講義を収録した映像をTAC水戸校の個別ブースで視聴する学習スタイルです。Webで事前予約をした上で、自分のペースで集中して学習できます。また、本科生はWebフォローが標準装備のため、都合に合わせて通学して視聴、自宅で視聴と使い分けが可能。板書・レジュメは講義録として教室で印刷したものをお渡しします。また、ビデオブース講座受講生は自習室の利用が可能です。

Web通信講座

教室でのライブ講義を収録した映像を自宅等のWeb環境で視聴する学習スタイルです。どこでもオンライン学習が可能です。板書・レジュメは講義録としてご自身でPDFデータとしてダウンロードしていただきます。Web通信講座受講生は自習室の利用はできません。

割引制度・

受講生特典

各種割引制度・特典がございます。キャンペーンも随時行っていますので、お申し込みの際にご確認ください。

オプション講座

各種オプション講座がございます。お申し込みの際にご確認ください。

合格者の声

  • 同じく公務員を目指していた友人が既にTACに入学していたこと、また、大学の近くに校舎があったため、TACを選びました。実際に、大学の授業の合間や終わりに自習室も利用していたのでとても便利でした。良かったところは、択一、論文、記述式、面接までの全ての対策をしてくださるので、合格まで見守ってくださるサポート体制が充実しているところです。また、コロナ禍ということもあり、通学が難しい時もありましたが、Web講義を活用することで自宅でも自分のペースで学習を進めることができました。
  • TACは面接対策がとても充実していました。面接前には面接復元シートを活用して有効に対策を立てることができ、それが合格に繋がったと思います。面接自主ゼミや模擬面接で、暗記したものをそのまま吐き出すのではなく、自分自身の言葉で話しているように聞こえるまで何度も練習することができました。また、集団討論を実施する自治体を受験していたので、個別面接対策だけではなく集団討論対策にも参加して、一度練習で慣れてから本番に落ち着いて臨むことができました。
  • TACの良かったところは、Web講義があるため万が一講義のある日に予定が入っていたとしても、学習の遅れを取り戻すことができたところです。また、実際の講義だけでは理解できないところがあったとしても、Web講義で何度でも講義を受けることができました。また、筆記試験の対策だけではなく、2次試験以降の人物試験に関しても模擬面接を利用し対策することができました。
  • TACを選んだ理由の1つは、合格実績が高いという点です。高い実績があるということは、合格できる学習方法が確立されていて、試験に関する情報も多いだろうと推測しました。校舎に出向き確認してみると、過去の受験者の体験や試験問題の復元シート等の情報が多量にありました。実際にこの情報をフル活用することで、対策を講じたり、不安を払拭したりと非常に役立ちました。
  • 初めのうちは独学で公務員試験の勉強を頑張ろうと考えていたのですが、同じ大学の先輩や同級生がTACに通っていることを受け興味を持ちました。そこで大学生協に置いていたパンフレットを参考にしたり、無料体験講義を受けたりして公務員試験に合格するビジョンを持つことができたので通うことに決めました。TACに通って良かったことは、カリキュラム通りに対策することで着実に合格に近づくことができることです。
  • TACを選んだ理由は実績です。高い合格率や確立されたカリキュラムから、ここなら合格に導いてくれると思いました。また、知人の元TAC生からの評判が良かったことも決め手になりました。実際、公務員試験の学習をしている最中も、公務員試験を終えた今でも、TACに入ってよかったと心から思います。
  • TACを選んだ理由の一点目は、先に友人が通っており、「テキストが分かりやすい」「講師が分かりやすくて親切」と聞いたからです。友人から講義ノートを見せてもらいましたが、確かに、試験に出やすい所を重点的にピックアップしていました。さらに、問題集の演習量の多さには大変驚きました。また、入学してから、講師の法律系の講義は、独自のレジュメのおかげで、大変分かりやすかったです。

よくあるご質問

Q. TACの強み・特徴は何ですか?

何と言っても「合格実績」です!
その合格実績を支えているのが、合格カリキュラム・優秀な講師陣・合格教材・豊富な情報量に裏打ちされた論文/専門記述対策と面接対策・継続しやすい選べる受講メディア・学習フォローから構成される「TACの強み」です。さらに詳しくは、「公務員講座パンフレット」をご請求ください。

Q. 大卒でないと、受験できませんか?

公務員の受験案内には「大学卒業程度( I 種・上級など)」や「高校卒業程度(III種・初級など)」という言葉が出てきますが、これらは主に学歴要件を意味するわけではなく、試験問題のレベルを示していることがほとんどです。つまり、「大学卒業程度試験」と記載してある試験であっても、必ずしも4年制大学を卒業または卒業見込である必要があるわけではなく、また近年、学歴要件を課す試験種は減少傾向にあります。
受験資格は試験種ごとに異なりますが、概ね年齢要件(21~30歳程度)と国籍(日本人であること)のみです。出願すれば誰でも受験することができ、学歴・職歴・性別・年齢などによる有利不利はありません。つまり、筆記試験と人物試験の総合評価で合否が決定される、公平公正な就職試験と言えます。受験可能年齢の上限や受験要件については、各自治体・職種の試験案内に記載されていますので、学習開始前に各自確認しておきましょう。 

Q. 学校や仕事との両立はできますか?

両立できます!
両立を考える場合、受講メディア選びが大変重要になります。TACでは、無理なく継続していただけるよう学習環境に応じて選べる受講メディアを多数ご用意していますので、ご自身に合った学習方法が見つかります!

Q. 地元でない自治体を受験しようと思うのですが、地元出身の受験生に比べて不利ですか?

不利になることはありません。
ただし、論文試験や面接時に、「自治体の抱えている課題・問題点」や「自治体の強みと弱み」など、受験生がその自治体の現状を十分に理解しているかが問われる問題が出題されたり質問を受ける場合があるので、十分に対策(自治体分析)をして臨むようにしましょう。

Q. 基本的には公務員を専願しているのですが、民間企業もまわった方がよいでしょうか?

公務員試験対策の時間を十分に確保した上で、時間的に余裕があればというのと、民間企業を受験して内定したときにその企業に就職するつもりがあるかどうかを考慮することが大事です。
民間企業の就職活動を行う際、当然、対策には業界研究や企業研究、OB・OG訪問の他、各種セミナーや説明会の出席、入社試験の受験などの時間を確保しなければなりません。
また、民間企業を受験するなら当然、内定を取りにいかなければ、まわる意味がありません。(よく「面接慣れのために回りなさい」と言われたという相談を受けますが、面接慣れはTACの模擬面接で十分です。)
ただし、民間企業を幅広く受験できる「新卒ブランド」は基本的に1回限りです。ご自身の希望や目標、優先順位を何に置くかで戦略が変わってきますが、もし、どうしても受験しておきたい企業があれば、悔いが残らないように、しっかりと受験しておくのもよいでしょう。

Q. 民間企業との併願を考えているのですが、いつごろから、どのくらい企業を回ればよいですか?

民間企業に関しては、一般に大学3年次の夏ごろからのインターンシップの段階から選考が始まっていると言われています。もし、意中の企業があれば是非参加することをおすすめします。
民間企業をまわる際に何社ぐらいまわるとよいかについては、一概には言えません。民間企業の就職活動では、当然そのための準備をしなくてはなりません。業界研究や企業研究、OB・OG訪問の他、各種セミナーや説明会の出席、入社試験の受験などの時間を確保しなければならないので、業界が多岐に渡ったり、多くの企業を受験しようと思ったらその分、公務員試験対策にさける時間が少なくなります。
よって、ご自身の時間的なゆとりや、公務員試験対策の進捗状況を考慮に入れながら、まわる企業数をきめていただくのがよろしいかと思います。

Q. 留年をしたことがあり、現役の受験生よりも年齢が高いのですが、受験で不利益になりますか?

不利益になることはありません。
面接時に留年の理由を問われることがあるかもしれませんので、どのような返答をするかについては準備が必要です。TACでは担任カウンセリングで個人にあわせてアドバイスをいたします。
また、「国家一般職の本省庁は、現役生(新卒)でないと内定が出ない」という都市伝説のような話を耳にしますが、全くそんなことはありません。近年、年齢に関係なく合格実績がありますので、ご心配は無用です。   

Q. 大学を中退しているのですが、受験で不利益になりますか?

不利益になることはありません。
面接時に中退の理由を問われることがあるかもしれませんが、そのときにどのような返答をするかについては準備が必要です。   

Q. どのコースを選択すればいいですか?

お客さまの学習環境や合格目標年度、志望先などにより、選択いただくコースが異なってきます。
学習を開始する時点で志望先が定まっている必要はありません。TACでは効率よく幅広く併願できるコースをご用意しています。
個別にご相談をお伺いし、最良のご提案をさせていただきます。是非、受講前に相談をしてください。

Q. 申込前に、TACの講義を体験することができますか?

TAC公務員講座では、お申込み前に実際の講義を3回連続で無料で体験受講していただけます。講師の熱意や教材のわかりやすさなど、TACのコンテンツの品質を是非体感してください。
校舎の雰囲気などもご覧いただき、学習開始後のイメージを膨らませていただくことをお勧めしておりますが、遠方等により、ご来校いただけない場合には、Web受講も可能ですので是非ご視聴ください。 

Webで体験!動画チャンネル 

Q. 自習室は使えますか?

はい、TAC水戸校の通学講座受講生のみご利用いただけます。   

Q. 開講日を過ぎてしまっても、申込むことはできますか?

はい、TAC水戸校では、ビデオブース講座と通信講座をご用意しています。ご自身のペースで学習を開始、進めていただけます。   

Q. 学習中にわからない内容が出てきた場合、どのような質問方法がありますか?

受講形態を問わずご利用いただける「質問コーナー」のほか、通信講座の場合はWebでいつでも質問できる「質問メール」など、通学講座・通信講座それぞれに適した質問体制を多数ご用意していますので、学習内容について相談したい場合も安心して学習を進めていただけます。

Q. 通学講座の場合、週何日くらい通学する必要がありますか?

受講するコースや、学習を開始する時期によっても異なりますが、学習当初は週2~3日程度、全科目の学習が進んでくると、週5日程度の通学が必要になります。
講義がない曜日も自習などで、TACに通うことを習慣づけている方も多くいらっしゃいます。

Q. 通信講座でも合格することはできますか?

もちろん通信講座でも合格できます。
通信講座で学習するカリキュラム、教材等は、通学講座と同一です。さらにTACでは専任の通信担任が学習をサポートします。もちろん質問体制やスクーリング制度も充実していますので、安心して学習いただけます。

Q. 社会人でも合格することはできますか?

TACでは、毎年社会人合格者も数多く輩出しています。
社会人の方が合格するためには、いかに学習時間を確保するかが重要になります。また、時間の制約がある中で、通勤時間等のスキマ時間を含めて、効率良く学習することも重要になります。